目標を立てるための仕上げ、小目標とは?

月収を3倍にする時短集客をお伝えてしている
パラレルキャリア・ビジネスアカデミー(PBA)主宰 三浦さやかです。

ここまで、目標を達成するための下ごしらえ、目標設定についてお話ししてきました。

大目標の設定はできましたか?

これはまた、別の機会のお話ししますが

「すぐに行動すること」は、目標達成にとても大切な要素です。

もしこれを読んで、まだ動き出していないという方はぜひ、今からでもご自分との対話をして

目標設定してみてくださいね。

大目標をより「今」に近いものにするためには?

大目標が決まったら、次にすることはなんだと思いますか?

「行動」という方もいらっしゃるかと思いますが実はその間にはちょっとしたステップがあります。

何より、大目標って「私の理想」を反映したものになっているので

「今と少しかけ離れている」感じもしませんか?

でも、それでいいんです。

大目標には、大いに夢を語れる、ワクワクする要素が必要です。

それを実現できてこその喜びがありますよね。

では、それを身近なものにするためにはどうしたらいいでしょうか?

それはずばり、大目標に向かう「小目標」を立てることです。

例えで、前回私の大目標を

「パラレルキャリアで自己実現する人を200人サポートする」

とあげました。

そのためにあげた小目標がこちらです。

「パラレルキャリア 未来日記 7Daysチャレンジ」で

「300人の皆さんと7日間の動画配信をする」

より具体性があるのがお分かりいただけますか?

小目標は、大目標に比べて具体性があり、すぐに実行できるシンプルさがあることが大切です。

小目標を立てるときのルールは

期日を決めること

具体的な数字を入れること

です。

大目標に向けて行動をするにあたり、何をすればいいのかの絞り込みにもなります。

これを設定することで即行動できるスピードも身につきますね。

目標達成のためにとても大切な要素とは?

さて、目標達成のために3日に渡ってお話をしてきましたが

とても大切なポイントをお伝えします。

大目標、小目標を設定し、ここからは「行動」です。

ただ、この行動することがなかなかできない方が多いんです。

何かを成し遂げたいと思って、その方法論について書いてある本を購入したら

なんとなく、それだけでもうやった気になる、ということがありませんか?

セミナー講師の知人によると、セミナーを受講しても実際の行動に至る人は参加者の5%でしかないというデータもあるそうです。

今これを読んでいるみなさんには是非、その5%になっていただきたいなと思うんです。

では、それをするためにはどうしたらいいか。

目標達成には、どんな事例であっても「成果を出すための型」が必要です。

もちろんこれは行動でしかないのですが、それをサポートできる環境を作る必要があるということです。

するしかない環境にしてしまうんです。

私の例をお伝えしますね。

「パラレルキャリアで自己実現する人を200人サポートする」

という大目標のために

「パラレルキャリア 未来日記 7Daysチャレンジ」で

「300人の皆さんと7日間の動画配信をする」

という小目標をあげました。

そして、この

「パラレルキャリア 未来日記 7Daysチャレンジ」

という枠組み

「成果を出すための型」にあたります。

この取り組みが私にとってチャレンジだということは以前お話ししたと思います。

そのチャレンジをしっかり成し遂げるために

「パラレルキャリア 未来日記 7Daysチャレンジ」

という枠組みを設定したわけです。

やるしかない!という状態に、自ら持っていくんです。

あとはやるだけ、ですね。

目標達成に大切な要素 その2

環境が整いました。

実行する準備が整いました。

あとは「継続する」だけです。

この、継続することがとても難しいことも、みなさんよくご存知かと思います。

人は一人で何かを成し遂げることは難しいです。

やはり甘えが出てしまったり、諦めとは思っていなくても、これでいいか、と妥協してしまったりします。

なので、私はいつも

大きなことを成し遂げるには仲間と一緒に取り組むことにしています。

仲間とは本当にありがたいものです。

同じ目的のために、同じ方向を向いて、大変なことにも一緒に取り組む。

そんな仲間がいてくれるからこそ頑張れるし、予想もしない大きな力になることもあります。

だからこそ、今回

「パラレルキャリア 未来日記 7Daysチャレンジ」

に集まってくださった皆さんには心からのお礼をお伝えしたいです。

皆さんがいなければ、7日間の動画配信はできませんでした。

今感じている達成感は、皆さんと一緒に成し遂げられたからこそ生まれたものです。

こうした繋がりがまた新たなエネルギーとなり、ムーブメントとなり、活力になってくれるはずです。

これを読んでくださっている方ももちろん、私の大切なチームのお一人です。

なので一緒に頑張りましょう。

一人ではできないことも、チームならできるはずだと私は信じています。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

次回も、みなさんのキャリアに役立つ情報を発信していきますね。

あなたの大成功を心よりお祈りしています。

公式LINE登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です