うまくいっていない状態から、最短最速で成果を出す方法

Live動画と広告を活用して、月収を3倍にする時短集客をお伝えてしている
パラレルキャリア・ビジネスアカデミー(PBA)主宰

三浦さやかです。

 

うまくいかない時は誰にでもある!気づくために必要なものは?

 

一生懸命頑張っているけれど、なかなかうまくいかない。

そんな瞬間はどんな人にもあるはずです。

そんな時に思い出して、実行してほしいことが
今日のトピックスです。

うまくいっていない時って
つい、冷静になれないことがあります。
うまくいっていないことに気づかないこともありますね。

ビジネスを成功に導くには
いくつかの目を持つことが必要と言われています。

先を読む目
物事を他の視点から見る目
物事を掘り下げていくことができる目

などありますが
ここで大切になってくるのは
現状をありのまま見ることができる目

です。

 

ただ、うまくいっていない時って
現状を客観的に見ることができなかったりして
それが、うまくいっていないことに気づかない原因になることもあるでしょう。

そこで私がお勧めしたいのは
PDCAサイクルを日常的に取り入れること
です。

これがあることで
計画したことがきちんと実行されているか
行動の結果、どうなっているか、修正が必要か

客観的に振り返ることができます。

 

気づいたら、修正する。どんな行動が結果を出すのか

そして、気づいて修正が必要だと思った時に
よく起こることが
自分でなんとかしようと一生懸命頑張ること

です。

実は、ここがとても大切で
うまくいっていなかった状況を覆す必要があるので
自己流で頑張るよりもっと良い方法があるんです。

それが

今、すでに結果が出ている環境に
思い切って飛び込んでみること
です。

結果につながる環境に
自分の身をおいてみること。
そうすることで、確実に流れは変わります。

うまくいかない時こそ
誰かの助けを借りる必要があります。

こうして闇雲に1人で走り続けるより
成功の近道を、選んで行動してみてほしいんです。

挑戦して、トライ&エラーを繰り返しながら成果につなげていく。
これもまさにPDCAサイクルです。

今うまくいっていない
そう思う時こそ、行動を変えて成果をあげる
チャンスがきたと思ってください。

 

時短で夢を叶える動画がもらえる、LINEはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です